NHKドラマ 2006年1月8日~12月10日放送
大河ドラマ「功名が辻」の情報です。 

日本魅録2_218-219_400

著書「日本魅録 2」の中で

香川照之さんは、「十六世紀に生きて」(P.218-P.223)というタイトルで、このドラマについて書かれています。話題は2002年の「利家とまつ」での秀吉役に続く大河ドラマ出演、という視点で始まっています。

(略)「そして結論を言うと ― この六平太というキャラクターは、やり進むだに面白い役であったのだった。(略)仲間由紀恵が扮する千代という主人公(山内一豊=上川隆也の妻)に対して、自分が父親であり、夫であり、恋人であり、我が子でもあるというパラドキシカルだがシンプルな感情だけで四百年前のこの時代に乗り込んでいくと、いかなる武将たちともフラットに接せられ、桶狭間であれ長篠であれ本能寺であれ、どんな巨大な時の節目に対しても全く臆することなく地に足を着けて存在できるのだった。(略)すなわちかつて、良きも悪しきも私に備わった太閤の呪縛から解き放たれるには、唯一、六平太という二十世紀に司馬遼太郎の頭の中に存在し、大石静という作家によってNHKの空間に解き放たれた異次元の人物の中に滑り込むしかなかったのだ。(略)その切り取り方次第では、秀吉以上に時代の中央に確固と存在しえた実感には感謝したい。また、四年前に秀吉を演じていなければ、六平太という人物にもここまで実体感を持つこともなかった。こうした綿々とした連続性も、大河の醍醐味の一つと言えよう。」(略)

日本魅録2_220-221_400


香川照之さんの役どころは

六平太(ろくへいた)、という男です。主人公・千代の幼馴染です。
物語は、戦国時代の山内一豊・千代夫妻を描くものです。その時代の、今、どの部分を進んでいるのか、何が起こりつつあるのかについて、六平太の台詞は補足説明的な役割を果たします。また、一豊とは対照的な六平太の生き方が、夫妻の人柄を際立たせます。


香川照之さん出演回


第一回 桶狭間 詳細はこちらから
第二回 決別の河 出演なし
第三回 運命の再会 詳細はこちらから
第四回 炎の中の抱擁 詳細はこちらから
第五回 新妻の誓い 出演なし
第六回 山内家旗揚げ 
出演なし
第七回 妻の覚悟 詳細はこちらから
第八回 命懸けの功名 詳細はこちらから
第九回 初めての浮気 詳細はこちらから
第十回 戦場に消えた夫 出演なし
第十一回 仏法の敵 出演なし
第十二回 信玄の影 詳細はこちらから
第十三回 小谷落城 出演なし
第十四回 一番出世 出演なし
第十五回 妻対女 詳細はこちらから
第十六回 長篠の悲劇 詳細はこちらから
第十七回 新しきいのち 詳細はこちらから
第十八回 秀吉謀反 詳細はこちらから
第十九回 天魔信長 詳細はこちらから
第二十回 迷うが人 詳細はこちらから
第二十一回 開運の馬 出演なし
第二十二回 光秀転落 詳細はこちらから 
第二十三回 本能寺 詳細はこちらから
第二十四回 蝶の夢 出演なし
第二十五回 吉兵衛の恋 出演なし
第二十六回 功名の旗 出演なし
第二十七回 落城の母娘 出演なし
第二十八回 出世脱落 出演なし
第二十九回 家康恐るべし 出演なし
第三十回 一城の主 出演なし 
第三十一回 この世の悲しみ 出演なし
第三十二回 家康の花嫁 出演なし
第三十三回 母の遺言 出演なし
第三十四回 聚楽第行幸 出演なし
第三十五回 北条攻め 出演なし 
第三十六回 豊臣の子 詳細はこちらから
第三十七回 太閤対関白 詳細はこちらから
第三十八回 関白切腹 詳細はこちらから
第三十九回 秀吉死す 出演なし
第四十回 三成暗殺 詳細はこちらから
第四十一回 大乱の予感 詳細はこちらから
第四十二回 ガラシャの魂 詳細はこちらから 
第四十三回 決戦へ 詳細はこちらから
第四十四回 関ヶ原 詳細はこちらから
第四十五回 三成死すとも 詳細はこちらから
第四十六回 土佐二十万石 詳細はこちらから
第四十七回 種崎浜の悲劇 詳細はこちらから
第四十八回 功名の果て 詳細はこちらから
最終回 永遠の夫婦 出演なし



観賞するには

Blu-ray / DVDをネットで購入するなら

Amazonの商品情報はこちら。



Blu-ray / DVDをレンタルするなら

TSUTAYA検索でレンタルDVDが「在庫あり」となっています。
よく利用する店舗を、マイTSUTAYABOXで「お店登録」していれば、検索結果のタイトルをクリックするだけで、店舗ごとの在庫状況を確認できます。
TSUTAYAのレンタルは、店舗で取り扱っていないタイトルでも取り寄せで借りることが出来ます。料金は店舗によって異なりますが、だいたい250円前後のようです。

TSUTAYAのネット宅配レンタルはこちら。

DMM.comの単品レンタルはこちら。

DMM.comの月額レンタルユーザーはこちらから。

ゲオの宅配DVDにもあります。


動画配信サービスで視聴するなら

GyaO!はこちら。



原作はこちら
 ↓

     




スポンサードリンク